学び方を学ぶ (Learning How To Learn)

July 30, 2020

最近、「Learn­ing How to Learn」 という本を読み終わりました。そして、本の要旨は自分の意見を追加して下記の通りまとまりました(重要度の高い順ではありません)。

I recent­ly read “Learn­ing How To Learn”. Below, I sum­ma­rize parts of the book that stood out to me (in no order of impor­tance).

ポモドーロ・テクニック

集中できないなら、「ポモドーロ・テクニック」という時間管理術を試みます。必要なのはタイマーだけです。25 分に設定して、終わりまで集中してタスクをやります。そして、5分に設定して、休憩します。このままタスクを終えるまで繰り返します。

The Pomodoro Tech­nique can be used to boot­strap focus. Work and rest in alter­nate chunks of 25 min­utes and 5 min­utes until the task is done, or when a longer break is needed.

間隔反復

ここに間隔復習と忘却曲線という概念は詳解しませんが、語学を学習する上で不可欠なツールの一つです。(参照:「Anki」)

I won’t go into the theory behind spaced rep­e­ti­tion and the for­get­ting curve here. Anki is the indus­try stan­dard here — it’s an essen­tial tool for lan­guage learn­ers (and doc­tors-in-train­ing too, I’ve seen).

睡眠

睡眠は何より大切です。睡眠時間だけではなく、睡眠の質も考えなければなりません。私が今、住んでいる場所は大通りの隣ですから、睡眠の質が悪くなって、時々昼寝しなければいけません。引越しを楽しみにしています。

Sleep is the most impor­tant aspect of all of these points. Not just the amount of sleep, but also the qual­i­ty of sleep. I cur­rent­ly live in an apart­ment next to a noisy street, so my sleep qual­i­ty is bad, and I find myself taking naps reg­u­lar­ly. I’m look­ing for­ward to moving out.

比喩の使用

比喩はつながりを形成することによって役に立ちます。例えば、スタックのデータ構造。スタックの操作は、皿の山のようなものです。利用者は一番上の皿だけ取って、それ以外の皿は取られません。同様に、新しい皿がスタックの上にだけ載せられます。

Metaphors help by form­ing an alter­na­tive path­way between two pieces of infor­ma­tion. Take the stack data struc­ture for exam­ple. It’s like an actual stack of plates, where you can only add and remove plates from the top of the stack.

興味

興味があるものほど上手くなります。自分探しをすることは誰でもすべきだと思います。(参照:生き甲斐

You do better at things you’re inter­est­ed and have a pas­sion for. Dis­cov­er­ing what those things are is a jour­ney of self-dis­cov­ery for every­one. See also: ikigai.

概念のつながり

著者は「神経の塊」という言葉を使っています。新しいものを習うとき、既存の知識につながるべきです。このように、個々を覚える代わりに、一部分だけ覚えれば、すべての知識につながります。

The author talks about this as “chunk­ing”. When you learn some­thing new, you should link it to an exist­ing con­cept. This way, instead of remem­ber­ing each thing indi­vid­u­al­ly, you can just remem­ber a por­tion of the infor­ma­tion and link it to every­thing else.

ダイエット・運動

精製された炭水化物は健康に悪いので、あんまり食べない方がいい。しかも、食べると直後強い眠気に襲われます。運動は好きではありませんが、やればやるほど、簡単になります。

Refined car­bo­hy­drates are bad for your health, so eat less of them. Plus, they give you food comas (also known as post­pran­di­al som­no­lence).

I don’t like exer­cise, but like most other things, the more you do it, the easier and more tol­er­a­ble it becomes.

意図的な練習

練習すること、難しいところに集中すべきです。例えば、語学を勉強をするときポッドキャストを聞くだけで達成感を感じるのは簡単ですが、ポッドキャストを聞くだけでは日本語が上手になりません。

Delib­er­ate prac­tice is to spend time on dif­fi­cult things, with the active goal of improv­ing. It also means that you should not deceive your­self into feel­ing accom­plished by spend­ing time on things that you are already famil­iar with or things that are easy. Lis­ten­ing to pod­casts is a pop­u­lar tech­nique for lan­guage learn­ers, but one does not get better at a lan­guage just by lis­ten­ing to 5 hours of pod­casts every day.

休憩

やる気のレベルに気をつけないといけません。あまり勉強すれば燃え尽きる可能性があります。

Be care­ful of your moti­va­tion level and the poten­tial for burnout.

無関係な分野を学ぶ

無関係な活動をやると、間接的な利益を得るかもしれません。例えば、語学やロッククライミングなどの野外運動です。

Do some­thing out­side of your main focus. Lan­guage learn­ing is excel­lent, as are out­door sports.

最初に難しい問題を挑む

テストを受けるとき、大抵簡単な問題は難しい問題の前に出ます。順番通りにやるよりまず難しい問題をやるほうがいいです。その理由は、簡単な問題に戻る間、脳が難しい問題をやり続けている可能性があります。あと難しい問題にもう一度戻ると、いくつかのインスピレーションが現れるかもしれません。

In a test, ques­tions are usu­al­ly ordered in increas­ing dif­fi­cul­ty. You should attempt the more dif­fi­cult ones first, as this will allow your brain to con­tin­ue work­ing on them in the back­ground while you go back to the easier prob­lems. When you come back to the harder prob­lems a second time, you may find that you have new­found inspi­ra­tion. This is your brain’s so-called “dif­fuse” mode at work.